バイアグラ個人輸入について

バイアグラはファイザー製薬の先発品として、相変わらず高い地位を誇っており、30錠12万円とかなり高価な薬として売られています。また、正規ルートで購入した個人輸入の本物であれば、保証書が付属しているので、効果は保証されたものになります。ファイザー製薬もジェネリックの製造をしているようです。

ファイザー製薬の特許が切れたこともあり、バイアグラ・ジェネリックの製造は世界中で盛んに行われていますが、現在の個人輸入の主流は、先発品の特許有効期間を短く設定しているインドではすでにバイアグラ・ジェネリックを販売しています。

なので、ジェネリック王国ともいわれるインド製のバイアグラ・ジェネリック「カマグラ」がバイアグラと同成分のED治療薬としてロングセラーを誇っています。これからの個人輸入の主流はバイアグラ類似品、またはバイアグラ・ジェネリックになるのは間違いないと言えます。

バイアグラと同じシルデナフィル含有の類似品は海外で売られているので、安く購入することもできます。
バイアグラ・ジェネリック「カマグラ」の場合、100mg1錠あたり110円と驚きのコストパフォーマンスです。成分としてはどちらも同じシルデナフィルなので基本的に作用は同じですが、不純物の割合はジェネリックの方が多くなります。

結局のところシルデナフィルの含有量が異なるというだけで低価格で、個人輸入ができるというのも一つの購入法としての選択肢になります。