バイアグラ使用のメリットとデメリット

副作用はバイアグラだけでなく、ED治療薬すべてに共通していますが、ほてりと血管性頭痛などの軽い症状ばかりで安全性の確認はされています。

血管拡張による血流増加が海綿体に影響を与えますが、毛細血管から脳血管まで拡張作用があるので、これはあくまでも薬の作用です。

副作用と言い切れませんが、偏頭痛の持病がある人は血管拡張に伴い、血管壁からプロスタグランディンという痛みの伝達物質が放出されることにより、一時的な頭痛があります。

また一時的に鼻炎も悪化します。顔のほてりもよくある副作用として報告されています。薬の効果がなくなるとそれらの副作用は自然に治まりまるのが一般的です。血管性頭痛(偏頭痛)、鼻閉、発赤などの副作用が酷くて、収まらないという場合は他の副作用も考えられます。

危険性については、心臓病・抗不整脈薬との併用は絶対的禁忌となっています。
抗不整脈薬の「塩酸アミオダロン製剤」と「ニトロの名のつく」心臓病薬全般、その他。低血圧・高血圧の方は、基本的にバイアグラの服用は併用注意となっています。

併用すると症状悪化の危険性があります。血圧が高い場合は自覚症状として勃起不全はあると思いますが、高血圧の薬を飲んでいる場合は勃起不全になるのは当然のことともいえます。

ただ、薬によって血圧の管理をされている方はバイアグラの服用が可能になります。服用可能とはいってもあまりお勧めできませんが、朝に高血圧の薬を飲んで夜に血中濃度が下がってきたときにバイアグラを飲むという方法もあります。EDに対してバイアグラ本来の効果は減少します。また少しの危険性もありますので自己責任でお使いください。

そもそも、心臓病と高血圧があれば、医者からの運動制限を受けている場合が多いはずです。心臓病の場合は特に性行為自体が禁止されているかと思います。