ゼファルリンの使用年齢について

「ゼファルリンを使用する年齢層」男性器のサイズ増大や精力増強効果を目的とした精力サプリ「ゼファルリン」。
その使用者が若い世代中心なのは、目的の「サイズ増大」を考えれば当然のことといっていいでしょう。

ただ、実際の購入者を見てみると年齢はかなり幅広く、若い世代だけでなく、60代、70代の使用者もいるようです。このサプリが男性器に有効に作用するポイントは2つ。

血流を良くして男性器に血が集まりやすくすることと、男性ホルモンの分泌を活性化させること。
いずれも、主成分である「シトルリン」というアミノ酸の効用です。シトルリンが体内に入るとアルギニンというアミノ酸に変換され、これがその2つの効果をもたらす、というのがそのメカニズム。

血流改善に関しては、年代を問わず効果が期待できるでしょう。むしろ、年代が上がるほど、血流改善の必要が高まりますから、その点では「ゼファルリンは有効」ということができるかもしれません。

ただし、もう1つのポイントの男性ホルモン(テストスレトン)に関しては、若い世代と中高年では、そもそものベースがちがいます。体内の男性ホルモンは20代をピークにして、後は減少の一途をたどります。

60代をすぎるとほぼ半減というデータも出ているほどなのです。ですから、ゼファルリンに含まれるシトルリンがその分泌を促してくれるとはいえ、効果には限界があると考えたほうがいいかもしれません。

まったく効果なしということもないでしょうが、やはり、男性ホルモンの分泌が活発な10代、20代のほうが、より効果を期待できると考えるのが賢明でしょう。